history_title

history_image

千丸屋は、文化元年(1804年)の創業以来200年ものあいだ、京都市中京区堺町四条上ルの当地にて、京湯葉づくり一筋に商いを続けてまいりました。
海に遠く、しかも寺社の多い京都におきまして、京湯葉は京料理や精進料理になくてはならない存在。
殊に滋味ゆたかな千丸屋の京湯葉は、各宗総本山御用達の栄に俗しています。
今後も、昔ながらの製法をそのままに受け継ぎ、心をこめて味の真髄を伝えてまいります。
history_label
history_image1
文化元年1804年
現本社 所在地京都市中京区堺町四条上る八百屋町541にて初代菱屋忠次郎創業
(現社長で第七代目社主となる)

昭和25年6月1950年
六代目 越智 博 就任

昭和28年5月1953年
有限会社千丸屋設立

昭和33年7月1953年
千丸屋本店社屋新築

昭和38年1963年
千丸屋京湯葉株式会社を設立

昭和40年7月1965年
西京極工場増築
機械化、省力化を計り増産体制の基礎をつくる

昭和53年10月1978年
西京極工場を増築

昭和58年9月1983年
増資 資本金を1,200万円とする
西京極工場増築施竣工

昭和61年9月1986年
本店社屋新築

昭和62年11月1987年
本店新築社屋
京都美観風致特別賞受賞

平成7年5月1995年
七代目 越智 忠太郎 就任

organize_label
organize_image
京名物百味会会員
京都府物産協会会員
京都商工会議所会員

staff_label
staff_image
代表取締役
越智 忠太郎
取締役
越智 ミヨ子、 越智 博次
役員
3名
営業
6名
製造
32名
41名